Top

You can do anything you want, as long as make sence!
by makingdens
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
mixi
学校の友達なんかもいっぱいいるので、mixiをちょくちょくやってたらやっぱりどーしてもこっちがおろそかになってしまうようです。
オフの知り合いが見てないのも残しておきたいなあって思ってたんですが、とりあえずこっちがぐだぐだしちゃうので…
mixiやってる人とか、紹介してほしい人とか、コメント頂ければマイミクしましょう^^
そういう訳で、今までありがとうございました;)
[PR]
# by makingdens | 2009-08-13 23:22 | dairy
Songs From…
a0113601_223245100.jpg


サマソニに向けてひたすらTFCを聴いてます。
外を歩いてると5枚目が聴きたくなって、家ではバンドワゴネスク聴いて。
新しいの出したら単独もやってくれるといいなぁ。
ていうかヴァセリンズ、8日にインストアやるんですねー
ちょうど空いてる!よっし行ってきます!

今年はサマソニ、9日しか行かないんだけど、ほとんどずーっとソニックにいるつもり!Razorlightは見たいけど、ヴァセリンズと被ってる…ていうかソニックからマリンて遠いんだよなあ
10日の単独も行けなくて本当残念です。

あっあとGREEN DAYのJAPAN TOURの詳細出ましたね〜
さいたまスーパーアリーナか。
遠いけどあのキャパならきっとチケ取れるよね!楽しみ^^



今日は本当にずずーーーーん、となるようなことがあったので、TFCを聴いてぼうっとします。
明日からは古文の夏期講習の復習やって、国語の作文書いて、キング牧師のスピーチ暗記して、オーウェルの1984を英語で読んで、TOEICの勉強もしよう。TOEICの目標が無謀すぎて笑えます。Duoからがんばろう。本も、たくさん読まないと。ああ本当いろいろがんばります!
[PR]
# by makingdens | 2009-07-31 22:41 | music
「ものづくりに生きる」

小関智弘さんの、「ものづくりに生きる」という本を読みました。
政経のレポートを書くために読んだんだけど、良い本だったなあと思います。

More
[PR]
# by makingdens | 2009-07-30 23:20
2時間目の眠気は異常

夏期講習が始まりました〜
わたしって家じゃぜーんぜん勉強できない子なので、塾って行っただけで勉強した気になれていいです。と言いつつ2時間目眠すぎてしにました…
普段行ってる塾のが予定合わなくて取れなかったから、駿台に行ったんだけどでっかくてびっくりした!てか大人数!
いつも行ってるとこは少人数制で1クラス20人とかなので、とてもびっくりでした。しかも授業の終わりには鐘とか鳴っちゃうし。学校か!笑

にしても今頃FUJIだなあと思うと切なくなりました…
行った人の感想をちょっと見たけど、アニコレ絶賛レビューが多数ですね。見たかったなあー
アニコレのアルバムは全然飽きが来なくて、聴きながらこれを野外で聴いたらどんなに気持ち良いだろうと思ってたので本当に本当に本当に、うらやましい!!

で、アニコレ以外だと最近はよーやく買ったHorrorsの新譜がお気に入り。
シューゲイジングなサイケデリアで、玉虫色の音楽。聴いてるとすごーく気持ち良いです♪
アニコレの新譜みたいな自由にどこまでも泳ぎ回るような解放感というよりは、深く沈み込んでゆらゆらしてるような感じ。好きです!

あとAkron/familyとSonic Youthも買いました〜
Akronは自由で野性的なフリー・フォークで、Everyone is guiltyの土砂降りの雨の中踊り狂うような祝祭感がたまりません。自然の空気がぷんぷんしてます!
Sonic Youthはまだあんまり聴けてないけどギターがちょうかっこいい、ノイジーな感じ。サマソニで観るつもりなのでこれから聴き込みます☆

今度はThe Pains of Being Pure at HeartとPassion PitとWilcoが欲しいかなー
お か ね !
[PR]
# by makingdens | 2009-07-28 22:19 | music
戦場のピアニスト

DVDを借りて来てて、ついさっき観終わりました。
静かな静かな映画で、ピアノの音がとても印象的だった。
派手な戦闘ではなく、ただ淡々と進んでくから逆に心にしみる。
なんだろうなあ、彼をかくまって助けるフリをしてお金をせしめてた人とか、まあもちろんナチスとか、どうしてそんなことができたんだろう。

「戦争」というかひたすら主人公の目から見た現実を映した映画だと思うので、逆に個人としてそれを追わなければならなかった苦痛とかが浮き彫りになってる、と思う。
ティム・オブライエンかな? 感動したりするような戦争の話には絶対嘘が混じってる、って言ったの。感動って言葉じゃ表せないし、なんだか自分は安全なところにいて勝手に感動した!とか言ってるのってなんか違う気がしてしまって、なんて言ったらいいかわからない。


あ、主人公役のエイドリアン・ブロディが素敵だったなー
ダージリン急行も観ようっと。
[PR]
# by makingdens | 2009-07-27 03:48 | dairy